いまがわ整骨院施術実績~両肩関節周囲炎(五十肩)~|西尾市 - いまがわ整骨院・鍼灸院

交通事故後の負傷の治療・リハビリに自信があります
受付時間
  • 西尾線福地駅~車で5分
  • 電話番号
  • アクセス

いまがわ整骨院施術実績~両肩関節周囲炎(五十肩)~

2023/11/28 | カテゴリー:いまがわスタッフのホットなブログ

[傷病名]両肩関節周囲炎(五十肩) 46歳女性

[主訴]3か月ほど前から急に肩回りのだるさや動かした際の疼痛や夜間痛、寝返り時に疼痛で2時間ごとに目を覚ましてしまう事があった。徐々に痛みが強くなってきており、服の着脱の動作でも痛みがあり、少しでも早く痛みを取りたいという事で当院受診となる。

[検査]インピンジメント test± ヤーガソン test- スピードtest- tenderness+ movement pain+

 MMT-normal ROM制限flex,abdaction

右肩…屈曲90°、外転90°、結帯動作₊

左肩…屈曲95°、外転90°、結帯動作₊

[施術]初診時、当院の根本治療にて全身バランス矯正を行う。骨盤、第5腰椎、第5,7胸椎、第1,2,4頸椎を中心にトムソンベッド、アクチベーターで矯正を行う。矯正後、肩関節のモビリゼーションとローテーターカフを緩めるストレッチをした。最後に、寝る姿勢を確認・指導、デスクワーク時の姿勢指導、服の着脱動作の指導をした。

[変化]施術後、可動域制限が多少緩和し、肩の運動時の疼痛緩和傾向とROM制限の緩和がみられた。今後の治療方針を説明し、週に2回のペースでの全身バランス矯正と筋・筋膜調整を指導した。

[2回目以降]2回目の施術時は疼痛緩和がみられていたが、夜間痛および寝返り時の疼痛は残存していた。治療後は毎回痛みが減少し、可動域の緩和があるものの時間が経つと戻ってしまったり、日によって痛みの差があります。5回目の施術時、コッドマン体操の指導。夜間痛は残存するものの緩和傾向はみられる。治療方針を変更し、全身バランス矯正をやめ、肩関節周囲を中心とした筋・筋膜調整治療を中心に治療を進める。6回目の施術に入ったところで症状がまだ大きく変わらないこともあり、立体動態波の施術を追加。立体動態波の施術を加えてからは徐々に夜間痛が減少し夜も眠れるようになってきました。2ヵ月目の治療に入ったところで、滑車運動のプーリー体操を追加して行っています。可動域が広くなってきたこともあり、可能な運動が増えてきています。屈曲、外転ROM制限は残存するものの、疼痛は緩和傾向です。ゆっくりであれば着脱の動作はできるようになってきています。肩甲骨周囲のストレッチ指導を進めながら治療を進めている。

いまがわスタッフのホットなブログ一覧へ戻る

初回キャンペーン
電話番号
line@

当院のコロナ対策取り組み

コロナウィルス対策実施中
スタッフ募集
TA骨盤バランス矯正 & 筋機能改善調整MPストレッチ
産後骨盤矯正
  • アクセス
  • 料金表
  • 患者様の声
  • スタッフブログ
最新情報

一覧を見る

最新情報カテゴリー
ミニデイサービス「すてっぷ」
デイサービスはぁと
在宅ケアカンファレンス
Facebook
交通事故専門院として認定されました
患者様の声